英文雑誌、1冊だけ買いましたか?
じっくり眺め倒しましたか?

まだ、その1を読んでいない人はこちら

英文雑誌って、どこに売ってるの?
1冊だけ買ったら割高だから損だ
という方・・・

BOOK OFFなどの古本屋で安く売られていますよ
先日近くの店舗に行ったら1冊100円で
売られていました。それも大量に!!

あと、書き込んだり、破り取ったりしないぞ
という方であれば、
図書館で借りる、という方法もあります。

高くつきますが、ジュンク堂などの
大規模書店であれば、様々な種類の
英文雑誌を取り扱っています。
さて、英文雑誌を使って英語力アップ
今回はその2回目です。

第2ステップ

広告の文章を読んでみる

前回も書きましたが、広告を出している会社は
自分たちの商品やサービスに注目してもらいたいと
思っています。

そのためにレイアウトやデザインに凝って
読者の目を引こうとするのです。
注意を引き付けた後どうしますか?

自分たちの商品やサービスに
魅力を感じてもらわなければなりません。

ここでも、多くの工夫がなされています。

・短い簡潔な文章で

・魅力的に

・商品やサービスの内容を伝える

ということがなされています。

もちろん、これはTOEICのための講座で、
マーケティングの講座ではないので、
どうやって顧客の注意を引き付けるかを
学ぼうとしているのではありません。
なぜ英文雑誌の広告を読むことが英語の勉強になるか
というと、

1:物事を分かりやすく簡潔に表現する方法を学べる

2:TOEICの長文の問題でも広告が登場する

3:ビジネスレターで使うための魅力的な表現を学べる

4:同じことを表す様々な表現に出会える

というメリットがあるのです。
ほかにも、
絵がついていて楽しく学べる、”今”を感じられる、
など、様々なメリットがあるかもしれませんね。
1つずつ見ていきますと・・・

1:物事を分かりやすく簡潔に表現する方法を学べる

長すぎる文章だと読者は読んでくれません
うんざりしてしまうでしょう。

ビジネスレターを書く場合や
外国人の上司に報告書や企画書を提出する時でも、

適切な語彙を使って、
分かりやすく、簡潔に表現すれば
高く評価されることは間違いありません。
2:TOEICの長文の問題でも広告が登場する

Readingの後半の長文問題で広告が出てきます。

とりわけ最近行われたリニューアルでは
2つの長文を見て判断する、というものが
加わりました。

例えば2つの広告を見比べて、どちらのサービスが
問題文の状況に適切か判断する、などがあります。

普段全く英語の広告に触れることがないと、
焦ってしまって、素早く判断できないでしょう。

英文雑誌を手に取ったあなたは大丈夫ですよね!
TOEIC受験までに英語の広告に慣れておきましょう。
3:ビジネスレターで使うための魅力的な表現を学べる
4:同じことを表す様々な表現に出会える

この2つは似ているので、同時に説明しましょう。

ビジネスレターを書くことになったとき、
何を参考にしますか?

たぶん文例集を手元に置いて、載っている文を
自分の必要に合わせて、書きかえて使いますよね。

でも、それだと表現がマンネリ化してきませんか?
それに、文例集の表現がいまひとつパッとしない
と感じるときもあるでしょう。
広告を参考にしてください!

値段を安くします。
他よりもいいサービスを提供します。
当社のサービスは他とは違います。

どの会社もそう言います。
でも、同じ言い方はしていません。
よく選び抜かれた表現を使って、
さりげなく、魅力的に、表現しているのです。
あなたのビジネスレター、ビジネスメールを
魅力的なものにしてください。
そのヒントは英文雑誌の広告にあります!

メリットを説明するのに
時間をかけすぎてしまいました

今日はここまでにしましょう。
(編集後記)
私も分かりやすく簡潔に表現することを
学ばないといけませんね・・・

だらだらと長い文章になってしまいました。

/(。◇。)\  逆立ちして反省します・・・

あなたのTOEIC学習 応援してます!

今回のTOEIC講座いかがでしたでしょうか?

↓ あなたのTOEIC学習のお役に立てましたでしょうか!
TOEIC講座への応援クリックよろしくお願いします ↓
人気blogランキングへ