先日、高校3年生の生徒さんから
質問を受けました。
彼は中学生の時から英語が苦手で苦労してきたそうです。
その彼が長い間 疑問に思っていたことのひとつ・・・
look と see ってどう違うねん?
look at とは言うけど、 see at とは言わない・・・
辞書で引いても、「見る」と書いてある。
どういうことなんだ?
理屈で説明しても混乱するだろうなと思ったので、
こんな風に説明しました。
きっと、皆さんにも参考になると思います。
ちょっと、部屋の窓を開けてみてください。
何が見えますか?
私の場合は公園の近くに住んでいるので、
その公園が見えます。
公園の向こうには新築のおしゃれな家。
公園ではたくさんの子供たちが遊んでいます。
学校帰りの高校生でしょうか、ベンチでしゃべっています。
・・・・・・・
窓を開けるといろんなものが目に飛び込んできました。
はい、これは SEE のほうです。
「これを見よう」と意識しないで、普通に目に入ってくる感じです。



さて、、、あっ、あそこの女の子を見てください、
あの子です!自転車に乗っている子、
手すりにぶつかりそう!危ない!
ああ~よけようとして、こけてしまいました・・・
痛そう・・・でも、お母さんが駆け寄っていったので、
大丈夫でしょう。
さて、いま、自転車の女の子を見ようとして
身を乗り出しましたね。注目しました。
それが LOOK です。
特に、LOOKのときは、注目する対象がありますよね。
さっきので言うと、自転車の女の子です。
そんなふうに狙いをつけるとき at を使うんです。
なので、You looked at the girl with a red bicycle.
ということになるわけですね。
これが、たまたま公園にいて、ぼーっとしていたら、
目の前で女の子がこけた、という場合は・・・
さて、どっちですか?LOOK それとも SEE ?

そうです、目に向こうから飛び込んでくるわけですから、
SEE を使いましょう。
I saw a girl with a bicycle in the park.
She tumbled off her bicycle.
(直訳すると、「自転車から落ちた」ですけど)
Look と See の違い、OKですか?
理解してもらえたでしょうか。

あなたのTOEIC学習 応援してます!

今回のTOEIC講座いかがでしたでしょうか?

↓ あなたのTOEIC学習のお役に立てましたでしょうか!
TOEIC講座への応援クリックよろしくお願いします ↓
人気blogランキングへ