今回のTOEIC講座は、
これから少しずつ、TOEICの各セクションについて
解説していこうと思っています。
1回目の今回は
Part 1: Photographs: 写真描写問題 です。
2006年5月からTOEICがリニューアルされました。
これまで、このPart1 写真描写問題は20問ありましたが、
5月からの新方式では10問になっています。
先日400点から700点の場合の各セクションの参考得点を見ましたね。
そのときの資料は旧タイプのTOEICの分析に基づくものでしたが、
400点の人も、このパート1の部分では高い正答率になっていました。
新方式になって、問題数が減りましたが、それは、
このパートは捨ててもいい、という意味ではなく、
このパートでは1問も落とせない!という気で臨まないといけない、ということになってきます。
まず、このパートの概要を言いますと、
1問につき1枚の写真があります。
それに対して、A~Dの4つの文が読まれるので、
写真と一致しているものを選びなさい、という問題です。
どんな写真が使われるかというと、
ありふれた日常生活の場面がほとんどです。
しかも異国情緒あふれたものばかりではなく、
時には、「これ日本やん」というような写真も出てきます。
人物が写っているものが多いですね。
その人が何をしているか、どういう位置関係で写っているか
などがポイントになってきます。
他にも家の中の写真で、置かれているものについての
描写の文が出てきたりします。
ここのパートの解答のポイントをお教えしますと・・・
・・・つまりテストの時のコツ(Tips)を言いますと・・・
実際に問題が読まれる前に、写真を見ておこう!!
TOEICの場合、フライングして問題冊子を開けると失格になるので
あわてないように注意してください。
でも、問題冊子を開けるよう指示されたらすぐに、そうです、すぐに、
このパート1の写真を見始めてください。
さて、例題が始まります。
ナレーターが例題の囲みの部分を読んでいますが、
それを聞きながら目で追うなんてこと、しないで下さいね。
写真を見て、読み上げられる4つの文から、写真にあったものを選ぶ
しないといけないことは分かっているのですから、
いちいち指示を聞いたり読んだりする必要などありません。
(毎回形式が変わるようなテストであれば、指示に注意深くある必要
がありますが、TOEICの場合は、大丈夫です。)
指示が読み上げられている間に、その時間を有効利用して、
先に全部の写真に目を通してしまってください。
どんなところに注目しますか?
人物であれば、こういうところに注目してください。
写っているのは男性か女性か

何をしているか?
何と一緒に写っているか

(例えばバイクにまたがっている、とか、花を抱えているとか、
赤ん坊を抱いている、とか、新聞を持っているとか)
家の中とか、外の風景だったら、どうでしょうか?

何が写っているか

それはどこに置かれているか
(テーブルの上なのか、壁にかかっているのか、
戸棚の上なのか、ソファの上なのか、など)
それはどういう状態にあるか
(時々電車やバスが出てきますが、それが止まっているのか、
それとも駅やバス停に入ってくるところなのか、というのが出たりします。)
以上の点に注意して写真を見てください。
先日お話ししした、車の運転をしながら見たものを英語で言う練習を
している人は、写真を見て、いくつかの英語の単語、
よくできる人であれば、文章が浮かぶかもしれませんね。
さて、今日のTipsは
実際に問題が読まれる前に、写真を見ておこう!!

というものでした。問題の指示や例題が読まれている間に、
しっかり問題の写真を見ておいてくださいね。
近いうちに、物の配置に関係した表現をまとめて紹介しようと思います。
on the table とか under the table 、他にもありますので、
お楽しみに。

あなたのTOEIC学習 応援してます!

今回のTOEIC講座いかがでしたでしょうか?

↓ あなたのTOEIC学習のお役に立てましたでしょうか!
TOEIC講座への応援クリックよろしくお願いします ↓
人気blogランキングへ